【ウイポ9 2021】隔世遺伝を使いこなす

Winning Post 9 2021

コーエーテクモゲームスから発売されている競馬シミュレーションゲーム、Winning Post 9 2021(ウイニングポスト9 2021)の攻略情報です。

ウイニングポストの配合理論の一つ、隔世遺伝について紹介します。

隔世遺伝について

隔世遺伝は父、母がともに因子(能力因子、特徴因子)を持たず、さらに父父、または母父が能力因子(スピード、スタミナ、パワー、勝負根性、瞬発力、柔軟性)を持っているときに成立する配合理論です。
成立すると父父、または母父の能力因子に対応する能力が上昇します。

父、母がともに因子を持たず、さらに父父と母父も能力因子がないときは、能力を上昇させる因子がないため隔世遺伝が成立しません。

隔世遺伝の成立条件と効果

父系隔世遺伝

父、母がともに因子を持たず、父父が能力因子を持っているときに成立します。
成立すると父父の能力因子に対応する能力が上昇します。
父父がスピード因子を1つ持っているときは爆発力が3上昇、スピード因子を2つ持っているときは爆発力が6上昇します。

母系隔世遺伝

父、母、父父がともに因子を持たず、母父が能力因子を持っているときに成立します。
成立すると母父の能力因子に対応する能力が上昇します。
母父がスピード因子を1つ持っているときは爆発力が3上昇、スピード因子を2つ持っているときは爆発力が6上昇します。

隔世遺伝はゲーム序盤で強い馬を生産するときに使う

ゲーム開始当初は自身が因子を持っていない繁殖牝馬が多く存在します。
プレイヤーの牧場に自身が因子を持っていない繁殖牝馬を用意して、配合時に爆発力でソートすると、爆発力の上位はスピード因子による隔世遺伝が成立する組み合わせが多くなります。
特にスピード因子を2つ持っているミスタープロスペクター(Mr. Prospector)の直仔で自身が能力因子を持っていない種牡馬と配合すると爆発力が6上昇するので、序盤から手軽に高い爆発力を得ることができます。
しかし、能力因子を持っていない種牡馬、繁殖牝馬は総じてスピード能力が低いことが多く、また、産駒のスピード能力は爆発力よりも両親から遺伝する割合が多いので、生まれてくる幼駒は配合時の高い爆発力に見合ったスピード能力が得られないことが多くなります。
反対に強い自家生産馬が繁殖入りした場合、自身が因子を持っていることが多いため、隔世遺伝が成立しにくくなりますが、両親の能力が高いと配合時の爆発力がそれなりでも高いスピード能力をもった幼駒が生まれることが多くなります。

また、自身が因子を持っていない種牡馬は、隔世遺伝で高い爆発力が得られる繁殖牝馬を多く用意して同じ配合を繰り返せば、簡単に新系統を確立させることができますが、母父〇になれないので、新系統を確立させるメリットが少ないです。

隔世遺伝はゲーム序盤で強い繁殖牝馬を用意できないときに一発逆転で強い馬を生産するときに使いますが、強い繁殖牝馬が揃うゲーム終盤では使わない配合理論です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました