【ウイポ9 2021】ライバル配合を使いこなす

Winning Post 9 2021

コーエーテクモゲームスから発売されている競馬シミュレーションゲーム、Winning Post 9 2021(ウイニングポスト9 2021)の攻略情報です。

ウイニングポストの配合理論の一つ、ライバル配合について紹介します。

なお、本記事の内容はVer1.04で確認したものです。今後のタイトルアップデートで変更される可能性があります。

ライバル配合について

ライバル配合は現役時代のライバル同士を配合したときに成立する配合理論です。
成立するとライバル度に応じた爆発力と勝負根性が上昇します。
ライバル度はライバル同士の関係性の深さをはかる度合です。雷のマークが最大3つまで表示されます。
例:雷のマークが2つ = ライバル度2

ライバル配合の成立条件と効果

ライバル配合

種牡馬と繁殖牝馬が現役時代にライバル同士(ライバル度が0以上)だったときに成立します。
爆発力が3上昇します。さらに勝負根性も上昇します。

ライバル配合◎

種牡馬と繁殖牝馬が現役時代にライバル同士でライバル度が2以上だったときに成立します。
爆発力が6上昇します。さらに勝負根性も上昇します。

ライバル配合母父

種牡馬と繁殖牝馬の父が現役時代にライバル同士でライバル度が1だったときに成立します。
ただし、繁殖牝馬の父が種牡馬を引退していると成立しません
爆発力が3上昇します。さらに勝負根性も上昇します。

ライバル配合母父◎

種牡馬と繁殖牝馬の父が現役時代にライバル同士でライバル度が2以上だったときに成立します。
ただし、繁殖牝馬の父が種牡馬を引退していると成立しません
爆発力が6上昇します。さらに勝負根性も上昇します。

牝馬同士のライバルはライバル配合が成立しない

一連のライバル配合の成立条件は現役時代にライバル同士だった種牡馬と繁殖牝馬、または種牡馬と繁殖牝馬の父のときに成立します。

牝馬は3歳牝馬クラシックやトライアル等の牝馬限定戦で牝馬同士のライバル関係が成立しやすくなりますが、牝馬同士のライバル関係は引退後のライバル配合には適用されません

クラブに預けた牝馬とライバル関係にする

プレイヤー所有馬はクラブ所有馬とライバル関係を成立させることができるので、引退後はライバル配合が成立するようになります。
新系統確立を狙っている牡馬がレースに登録しているときは、クラブに所属している牝馬を同じレースに登録してみましょう。同じレースに登録する牝馬は、対決する牡馬とインブリードにならない血統の牝馬にします。

プレイヤー所有馬とクラブ所有馬は地方交流競走以外のGⅠレース、3歳クラシックのトライアルレース等で1、2着するとライバル関係が成立することがあります。GⅠ以外の重賞レース(2,3歳はオープン特別、リステッド競走)でも、以前に同じレースで走ったことがある相手と1、2着するとライバル関係が成立することがあります。ただし、地方交流重賞ではライバル関係が成立しません
ライバル関係成立後は同じレースに出走してどちらかが1着になるとライバル度が上昇することがあります。

牡馬と牝馬のライバルが成立していると引退後にライバル配合が成立します。
また、多くのライバルとのライバル度を上げると繁殖ボーナスが上昇し、競走馬を引退した後に強い産駒が産まれやすくなります。

ライバル配合母父◎は雷嵐配合と相性が良い

毎年のように新系統確立を狙うプレイスタイルの場合、同じ配合を繁殖引退まで繰り返すことがほとんどないので、ライバル配合の恩恵は一定期間しか得られません。
しかし、雷嵐配合は繁殖牝馬の繋養年数をリセットすれば繁殖引退まで続けることができるので、ライバル配合母父との相性が良いです。
雷嵐配合を繁殖引退まで続ける方法はこちら

雷嵐配合は春嵐イベントを発生させている父(シュンラン)と春雷イベントを発生させている母(シュンライ)をプレイヤーが保有する必要があるのでライバル関係を成立させることができませんが、予めシュンライの父をクラブ所有馬にしてシュンランとライバル関係を成立させておくと、配合時に雷嵐配合とライバル配合母父◎を同時成立させることができます。ただし、母父が種牡馬を引退するとライバル配合母父◎が成立しなくなるので、シュンライの父は早期引退しないようにプレイヤー牧場で保護する必要があります。

シュンランとシュンライがそれぞれ3冠達成のイベントを発生させて、シュンランとシュンライの母父のライバル度が2以上だった場合、雷嵐配合と3冠配合とライバル配合母父◎の爆発力の合計値は 10 + 4 + 6 = 20 となり、高いスピード能力を持った競走馬の生産が期待できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました