【ウイポ9 2020】レースの結果に影響する絆コマンドの効果

Winning Post 9 2020

コーエーテクモゲームスから発売されている競馬シミュレーションゲーム、Winning Post 9 2020(ウイニングポスト9 2020)の攻略情報です。

レース前に使用する絆コマンドの効果と使い方について紹介します。

レース出走前に使用する絆コマンドの豆知識

距離適性上限ギリギリは「心肺機能強化」が効果的

レースに出走する競走馬の距離適性が上限ギリギリ※のときに、絆コマンド「心肺機能強化」を使用すると、レースの走破タイムが更に早くなることがあります。

このケースは距離適性の幅が広がる騎手特性「折り合い」を持つ騎手が騎乗しているときにも効果があります。

競馬用語辞典「折り合い」

このことから、競走馬の距離適性が上限ギリギリ※のときは、能力全開で走れていない場合があることがわかります。

※例:距離適性が1200m~2400mの競走馬で、距離2400mのジャパンカップに出走する

今週出走のレースに悪影響を及ぼす絆コマンドがある

ゲーム内で獲得できる絆コマンドはメリットばかりが強調されていますが、使い方を間違えるとレース結果に悪影響を及ぼす絆コマンドがあります。

競走馬の調子を上げる絆コマンドは、調子が絶好調(調子の向きが↑)で馬の力を100%以上出せる状態のときに使用すると、調子が100%に下がってしまいます

競走馬の調子を上げる効果がある絆コマンドは次のとおりです。

  • 調教師との絆(・強)【軽め調教】
  • 究極仕上げ
  • ダービー馬の威光
  • 古馬覇道

闘志は「強火」に変わってから更に上の闘志が存在する

競走馬の闘志が「強火」のシンボルに変わってから、闘志を少し上げる絆コマンド(称賛の言葉・闘志追切等)を2回使用すると、レースの走破タイムが少し早くなることがあります。

このことから、闘志は「強火」のシンボルに変わってから、更に闘志の上積みが見込めることがわかります。

闘志が最大の状態で闘志を上げる絆コマンドを使用しても、レースに悪影響を及ぼすこと(闘志が下がる等)はありません。

レース結果に影響する絆コマンド

絆コマンドの中にはゲーム内で確認できる、絆コマンドの説明に記載されていない効果が出る物があります。

獲得条件を満たしていても、オート進行中は絆コマンドを獲得することができません。

今週出走のレースに影響がある絆コマンド

心肺機能強化

獲得条件
  1. 調教師の友好度が40に到達する
  2. 調教師の友好度が80に到達する
  3. プレイヤー所有馬が先週のGⅠを勝利すると、所属厩舎の調教師からもらえることがある
使用対象所属厩舎在厩のプレイヤー所有馬(海外遠征中は使用不可)
効果の説明心肺機能を強化し、4週間限定でスタミナを増やす
(ただし、距離適性が変わり、疲労も上がる)
実際の効果使用した競走馬の距離適性が4週間限定で200~300m上昇する(スタミナが10上昇する)
使用した競走馬の疲労が4週間、上がり続ける
備考心肺機能強化を使った後は疲労が大きいので、レース後、しばらく次のレースに出走するのが難しい
菊花賞に出走する週は心肺機能強化を使用して、中1週でオーストラリアのメルボルンカップに出走後、すぐに放牧する使い方がとても効果的

調教師との絆(・強)【軽め調教】

獲得条件調教師との絆:
    調教師の友好度が20に到達する

調教師との絆・強:
  1. 調教師の友好度が60に到達する
  2. プレイヤー所有馬が先週のGⅠを勝利すると、所属厩舎の調教師からもらえることがある
使用対象所属厩舎在厩のプレイヤー所有馬(海外遠征中は使用不可)
効果の説明【軽め調教】競走馬を軽めに追って調子を上げる
実際の効果使用した競走馬の調子が100%の状態に近づく ただし、調子が絶好調(↑)で馬の力を100%以上出せる状態のときは、調子が100%に下がる
使用した競走馬の疲労が少し上がる

究極仕上げ

獲得条件
  1. 調教師の友好度が40に到達する
  2. 調教師の友好度が80に到達する
  3. プレイヤー所有馬が先週のGⅠを勝利すると、所属厩舎の調教師からもらえることがある
使用対象所属厩舎在厩のプレイヤー所有馬(海外遠征中は使用不可)
効果の説明調子を上向かせて、4週間かけて調子を大きく上げる
(ただし、疲労も上がる)
実際の効果使用した競走馬の調子の向きが↗(右肩上がり)になる
使用した競走馬の調子が4週間、100%の状態に近づく ただし、調子が絶好調(↑)で馬の力を100%以上出せる状態のときは、調子が100%に下がる
使用した競走馬の疲労が4週間、上がり続ける
備考究極仕上げを使った後は疲労が大きいので、レース後、しばらく次のレースに出走するのが難しい
調子の向きが↑のときに使用しても良い効果が得られない
使った1週目は馬優先主義と軽め調教、2週目~4週目は軽め調教を使った時と同じような効果になる

称賛の言葉

獲得条件プレイヤー所有馬が先週のGⅠを1番人気で勝利すると、知人:烏丸尊からもらえることがある
使用対象在厩のプレイヤー所有馬(海外遠征中は使用不可)
効果の説明競走馬の闘志を上げる
実際の効果使用した競走馬の闘志が上がる(効果小)

騎手との絆・強【闘志追切】

獲得条件
  1. 騎手の友好度が60に到達する
  2. プレイヤー所有馬が先週のGⅠを勝利すると、騎乗していた騎手からもらえることがある
使用対象今週出走予定のプレイヤー所有馬(海外遠征中は使用不可・海外厩舎所属で同じ地域に出走する馬は使用可能
効果の説明【闘志追切】今週出走馬の闘志を上げる。疲労上昇
実際の効果使用した競走馬の闘志が上がる(効果小)
使用した競走馬の疲労が少し上がる

GⅠ馬の威光

獲得条件GⅠ未勝利のプレイヤー所有馬が先週のGⅠを勝利する
使用対象絆コマンドを獲得した、在厩のプレイヤー所有馬(海外遠征中は使用不可)
効果の説明GⅠ馬の威光により馬自身の闘志が上がる
実際の効果使用した競走馬の闘志が上がる(効果小)

ダービー馬の威光

獲得条件プレイヤー所有馬が先週のダービーを勝利する
使用対象絆コマンドを獲得した、在厩のプレイヤー所有馬(海外遠征中は使用不可)
効果の説明ダービー馬の威光により馬自身の闘志が上がる
実際の効果使用した競走馬の闘志が上がる(効果小)
使用した競走馬の調子が100%の状態に近づく ただし、調子が絶好調で馬の力を100%以上出せる状態のときは、調子が100%に下がる
備考馬の闘志が上がる効果よりも調子の下がる効果のほうがレースに与える影響が大きい場合がある
目標レースの1週前で、調子が良くないときに使用すると効果的

3冠馬の威光

獲得条件皐月賞、ダービーを勝利しているプレイヤー所有馬が先週の菊花賞を勝利する
使用対象絆コマンドを獲得した、在厩のプレイヤー所有馬(海外遠征中は使用不可)
効果の説明3冠馬の威光により馬自身の闘志が上がる
実際の効果使用した競走馬の闘志が上がる(効果大)

古馬覇道

獲得条件
  1. 主な勝ち鞍に「春古馬3冠」があり、先週の宝塚記念を勝利した、プレイヤー所有の現役競走馬がいる
  2. 主な勝ち鞍に「秋古馬3冠」があり、先週の有馬記念を勝利した、プレイヤー所有の現役競走馬がいる
  3. 先週の有馬記念を勝利して「古馬王道完全制覇」を達成した、プレイヤー所有の現役競走馬がいる
使用対象春古馬3冠、秋古馬3冠に今週出走予定の、絆コマンドを獲得したプレイヤー所有馬
効果の説明春古馬3冠、秋古馬3冠の出走時に馬と騎手の能力が上がる
実際の効果使用した競走馬の闘志が上がる(効果大)
使用した競走馬の調子が100%の状態に近づく ただし、調子が絶好調で馬の力を100%以上出せる状態のときは、調子が100%に下がる
(馬と騎手の能力が上がる効果は未確認)
備考馬と騎手の能力が上がる効果よりも、調子の下がる効果のほうがレースに与える影響が大きい場合がある
春秋古馬3冠の出走時で競走馬の調子が良くないときに使用すると効果的

今週出走のレースに影響がない絆コマンド

調子を上向かせる絆コマンドは、今週出走する競走馬に使用しても、レースに効果がありません。来週以降に出走を予定している競走馬の調子の向きが→、↘のときに使用すると効果的です。

激励の言葉

獲得条件プレイヤー所有馬が先週のGⅠでライバル馬に勝利すると、知人:貴船光里からもらえることがある
使用対象在厩のプレイヤー所有馬(海外遠征中は使用不可)
効果の説明競走馬を激励し調子を上向かせる
(調子の向きが↑の場合は逆効果なので注意)
実際の効果使用した競走馬の調子の向きが↗(右肩上がり)になる
調子が絶好調で馬の力を100%以上出せる状態のときでも調子は下がらないので、今週のレースに影響が出ない
備考調子の向きが↑、↗のときに使用しても良い効果が得られない

馬優先主義

獲得条件絆コマンド「調教師との絆(・強)」の【軽め調教】を使うと、調教師からもらえることがある
使用対象在厩のプレイヤー所有馬(海外遠征中は使用不可)
効果の説明競走馬を入念にケアして、調子を上向かせる
(調子の向きが↑の場合は逆効果なので注意)
実際の効果使用した競走馬の調子の向きが↗(右肩上がり)になる
調子が絶好調で馬の力を100%以上出せる状態のときでも調子は下がらないので、今週のレースに影響が出ない
備考調子の向きが↑、↗のときに使用しても良い効果が得られない

レース出走前に使用する絆コマンドの効果の検証

以下はここまでの記事の検証データです。

検証のしかた

レース前に使用する絆コマンドの効果を検証した手順は次のとおりです。

1.
プレイヤー所有馬の調子が絶好調の状態(↑)でGⅠレースに出走する週に
「機能」 > 「セーブ」
でゲームデータをセーブする。

2.
レース観戦しないで週を進めて、翌週に
「コースポ」 > 「Race」 > 「レース回顧…」 > 「(出走したレース)」
からレース結果を記録する。

3.
「機能」 > 「ロード」
からゲームデータをロードし、GⅠレースに出走する週に戻る。

4.
絆コマンドを使用したあと、レース観戦しないで週を進めて、翌週に
「コースポ」 > 「Race」 > 「レース回顧…」 > 「(出走したレース)」
からレース結果を記録、絆コマンドを使わなかったときのレース結果と比較する。

「心肺機能強化」と調子を上げる絆コマンドの検証

距離適性上限ギリギリの馬に「心肺機能強化」を使ったときと、調子を上げる絆コマンドを使って調子が100%まで下がったときの検証結果を、コースポのレース結果の画像を使って紹介します。

絆コマンドを使わなかったとき

下の画像は絆コマンドを使わなかったときのレース結果です。
1着の馬が絆コマンドの効果を検証する競走馬です。闘志が最大、調子は絶好調で馬の力を100%以上出せる状態です。
この競走馬の距離適性は1200m~2400mでジャパンカップの距離2400mは上限ギリギリです。

絆コマンドを使わなかったときのジャパンカップのレース結果

走破タイムは2:21.4で、2着との差が1.7秒です。
騎手がとった戦法は「差し」ですが、競走馬のスピードの絶対値が高いため、レース結果の作戦は「逃げ」になっています。

心肺機能強化を使ったとき

下の画像はレース前に絆コマンド「心肺機能強化」を使ったときのレース結果です。
競走馬の距離適性が1400m~2600mに変わっています。

絆コマンド「心肺機能強化」を使ったときのレース結果

走破タイムは0.3秒早い、2:21.1で、2着との差が2.1秒に広がりました。
絆コマンド「心肺機能強化」の効果が顕著に出ていました。

調子を上げる絆コマンドを使ったとき

下の画像はレース前に絆コマンド「調教師との絆(・強)【軽め調教】」、「ダービー馬の威光」、「古馬覇道」を使ったときのレース結果です。
これらの絆コマンドは調子を上げる効果があり、使用した競走馬は調子が100%を超えていた為、調子が100%まで下がっています
どれか一つを使った場合、まとめて使った場合のいずれも、下の画像の結果になります。

調子を上げる絆コマンドを使ったときのレース結果

走破タイムは0.1秒遅い、2:21.5で、2着との差が1.5秒まで詰められました。
絆コマンドによって、調子が下がった影響が出ていました。
「古馬覇道」の「馬と騎手の能力が上がる効果」はまったく見られませんでした。

(おまけ)騎手を替えたとき ~騎手ゲーの検証~

下の画像はレース当日に騎手を森下和騎手に変更したときのレース結果です。
(GⅠレース当週に変更された騎手の有効度は、子孫騎手を含めて2下がります。)
乗り替わり前の岡部騎手の能力は、上限に達していました。
乗り替わり後の森下和騎手の能力は、戦法が全て〇、中距離の距離適性Bで、騎手特性が「重馬場」(レース当日は良馬場)と「乗替」です。

騎手を替えたときのレース結果

走破タイムは1.0秒遅い、2:22.4で、2着との差が1.0秒まで詰められました。
一流騎手からの乗り替わり効果が顕著に出ていました。(案の定、ウイポ9 2020は騎手でレース結果が大きく左右されるゲームでした。)

この後、森下和騎手で調子を上げる絆コマンド(軽め調教、ダービー馬の威光、古馬覇道)を使ったときの検証をしましたが、レース結果に違いがでませんでした。
このことから、競走馬のコンディションがレース結果に影響を与えるには、ある一定値以上の変化が必要なことがわかります。

(おまけ)騎手を替えて心肺機能強化を使ったとき

下の画像はレース当日に騎手を森下和騎手に変更した後、絆コマンド「心肺機能強化」を使ったときの2400mのレース結果です。
競走馬の距離適性が1200m~2400mから、1400m~2600mに変わっています。

騎手を替えて絆コマンド「心肺機能強化」を使ったときのレース結果

森下和騎手で絆コマンドを使わなかったときと比較すると、走破タイムは0.5秒早い、2:21.9で、2着との差が1.5秒に広がりました。
森下和騎手でも、絆コマンド「心肺機能強化」の効果が顕著に出ていました。

闘志を上げる絆コマンドの検証

闘志を上げる絆コマンドを使ったときの検証結果を、コースポのレース結果の画像を使って紹介します。

絆コマンドを使わなかったとき

下の画像は絆コマンドを使わなかったときのレース結果です。
1着の馬が絆コマンドの効果を検証する競走馬です。調子が絶好調で馬の力を100%以上出せる状態ですが、闘志は「中火」のシンボル(普通)の状態です。

絆コマンドを使わなかったときの宝塚記念のレース結果

走破タイムは2:10.2で、2着との差が1.6秒です。

この競走馬の距離適性は1300m~2400mで宝塚記念の距離は2200mです。
距離適性の上限に余裕があるため、絆コマンド「心肺機能強化」の効果を使っても同じレース結果になります。

闘志を上げる絆コマンドを1~2回使ったとき

下の画像はレース前に絆コマンド「称賛の言葉」を使って、闘志が「強火」に変化したときのレース結果です。
「称賛の言葉」を1回使ったとき、2回使ったときのいずれも、下の画像の結果になります。

闘志を上げる絆コマンドを1、2回使ったときのレース結果

走破タイムは0.1秒早い、2:10.1で、2着との差が1.7秒に広がりました。
闘志が「強火」に変化した効果が少し出ていました。

闘志を上げる絆コマンドを3回使ったとき

下の画像はレース前に絆コマンド「称賛の言葉」を1回使って、闘志が「強火」に変化してから、更に2回(計3回)使ったときのレース結果です。

闘志を上げる絆コマンドを3回使ったときのレース結果

「強火」に変化したときと比較すると、走破タイムは0.1秒早い、2:10.0でした。
2着との差は「強火」に変化したときと同じ1.7秒でしたが、3着との差は1.8秒に広がりました。
闘志が「強火」に変化してから、更に「称賛の言葉」を2回使った効果が少し出ていました。
このことから、闘志が「強火」に変化した後に「称賛の言葉」を2回使うと、闘志の上積みが見込めることがわかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました