【ウイポ9 2021】稲妻配合を使いこなす

Winning Post 9 2021

コーエーテクモゲームスから発売されている競馬シミュレーションゲーム、Winning Post 9 2021(ウイニングポスト9 2021)の攻略情報です。

ウイニングポストの配合理論の一つ、稲妻配合について紹介します。

稲妻配合について

稲妻配合は瞬発力がA以上、且つ勝負根性がD+以下の種牡馬と繁殖牝馬同士を配合したときに成立する配合理論です。
この配合は、かつて「白い稲妻」と称された、シービークロスがモデルになっていると思われます。

稲妻配合の成立条件と効果

稲妻配合

父、母共に瞬発力A以上、且つ勝負根性がD+以下の種牡馬と繁殖牝馬同士を配合したときに成立します。
配合時の爆発力が6上昇します。さらに瞬発力と柔軟性も上昇しますが、勝負根性が低下します。

真稲妻配合

稲妻配合の成立条件に加え、両親の毛色がともに芦毛か白毛の種牡馬と繁殖牝馬同士を配合したときに成立します。
配合時の爆発力が12上昇します。さらに瞬発力と柔軟性も上昇しますが、勝負根性が低下します。

真稲妻配合が成立する史実馬

種牡馬・競走馬(牡馬)

真稲妻配合が成立する種牡馬と競走馬(牡馬)は次のとおりです。
なお、育成、絆コマンド等によって勝負根性をC以上に上げてしまうと、真稲妻配合が成立しなくなります。

生年馬名性別SP距離(m)根性瞬発成長馬適
芝ダ
毛色所属
1963シルバーシャーク711300~2100D+A+早め◎×芦毛日本
(欧州)
1965ゼダーン711100~2100D+A+早熟◎×芦毛日本
(欧州)
1970Kalamoun711700~2100D+A+早熟◎×芦毛欧州
1971Saritamer681200~1400D+A+早め◎×芦毛欧州
1974クリスタルパレス
(Crystal Palace)
701900~2500D+A+早め◎×芦毛日本
(欧州)
1975Kenmare681500~1700D+A早め◎×芦毛欧州
1975シービークロス662000~3000D+A遅め◎×芦毛日本
1983Highest Honor701400~1800D+A+早め◎×芦毛欧州
1984El Senor682100~2700EA晩成(超)◎×芦毛米国
1984ホクトヘリオス661400~1800D+A早め◎×芦毛日本
1986ゴールデンフェザント
(Golden Pheasant)
701700~2500D+A+遅め◎×芦毛日本
(欧米)
1987Rubiano701300~1500EA遅め×◎芦毛米国
1987ハクタイセイ721800~2000F+A早熟◎△芦毛日本
1990Lit de Justice711200~1400EA晩成(超)×◎芦毛米国
1994Silver Patriarch682300~2900EA早め◎×芦毛欧州
1994ワシントンカラー651100~1500D+A遅め◎〇芦毛日本
1995Sagamix702100~2700D+A+早め◎×芦毛欧州
1995ワールドクリーク651700~2100D+A遅め×◎芦毛日本
1997スウェプトオーヴァーボード
(Swept Overboard)
681200~1600D+A+晩成◎〇芦毛日本
(米国)
1998Evening Attire701700~2300D+A+遅め×◎芦毛米国
1998Keltos601400~1800D+A早め◎△芦毛欧州
1998Vahorimix681300~1700D+A+早め◎×芦毛欧州
2000Clodovil681400~1600EA早め◎×芦毛欧州
2004アーバンストリート631200~1400DA晩成◎×芦毛日本
2006California Memory691600~2400D+A早め(鍋)◎×芦毛欧州
2007Paddy O’Prado681700~2300D+A+早め◎〇芦毛米国
2008Reliable Man681800~2400D+A+早め◎×芦毛欧州
2008スノードラゴン691000~1400D+A晩成◎〇芦毛日本
2009イジゲン661600~2000DA早め×◎芦毛日本
2010Chautauqua731000~1400E+A遅め◎×芦毛欧州
2010Style Vendome671400~1600D+A早熟◎×芦毛欧州
2011The Grey Gaatby721700~2300D+A+早め◎×芦毛欧州
2012ダノンプラチナ671400~1800D+A早め◎×芦毛日本
2013クイーンズサターン631300~1900E+A+遅め×◎芦毛日本
2013クリエイター
(Creator)
701700~2500F+A+早め×◎芦毛日本
(米国)
2015Classique Legend701100~1300DA+晩成◎×芦毛欧州

繁殖牝馬・競走馬(牝馬)

真稲妻配合が成立する繁殖牝馬と競走馬(牝馬)は次のとおりです。
なお、育成、絆コマンド等によって勝負根性をC以上に上げてしまうと、真稲妻配合が成立しなくなります。

生年馬名性別SP距離(m)根性瞬発成長馬適
芝ダ
毛色所属
1980ジョーキジルクム621400~2400E+A早め◎〇芦毛日本
1981Desirable671200~1600D+A早熟◎×芦毛欧州
1981キョウワサンダー661700~2500D+A遅め◎△芦毛日本
1985シノクロス641000~1600F+A早熟◎×芦毛日本
1986Mercalle622300~2900EA遅め◎×芦毛欧州
1991Sierra Madre681600~2400D+A+早熟◎×芦毛欧州
1991オグリローマン671500~1700F+A早熟◎〇芦毛日本
1992グッドルックス531300~1700G+A早め◎×芦毛日本
1992マキバサイレント651600~2400DA遅め◎〇芦毛日本
1993Maxzene681600~2400D+A遅め◎×芦毛米国
1998Exogenous671700~1900EA早め×◎芦毛米国
2001ヤマニンアラバスタ631500~2300D+A早め◎×芦毛日本
2003Wait a While681700~2100D+A+早め×◎芦毛米国
2005メイショウベルーガ671800~2400F+A晩成◎△芦毛日本
2006Stardom Bound691400~1800D+A+早熟×◎芦毛米国
2007Rosanara661600~2400D+A早熟◎×芦毛欧州
2008Mizdirection701000~1400D+A+遅め◎×芦毛米国
2008Zazu671400~1800D+A早め×◎芦毛米国
2008レーヴディソール681500~1900D+A早熟◎×芦毛日本
2009Lady of Fifty661600~1800D+A早熟(鍋)×◎芦毛米国
2010Sky Lantern681400~1800D+A+早め◎×芦毛欧州
2010スマートレイアー661400~2400D+A遅め◎×芦毛日本
2016Lily’s Candle661400~1800G+A+早熟◎×芦毛欧州

出産時に毛色名鑑「白毛斑」を使って真稲妻配合を成立させる

出産前に誕生後の能力を把握していて、瞬発力A以上、勝負根性D+以下が判明している場合、出産時に毛色名鑑「白毛斑」を使うと白毛の仔馬を誕生させることができます
その後、育成等により勝負根性D+以下のまま引退すれば、配合時に真稲妻配合が成立します。

毛色名鑑はオンライン対戦で競走馬ランキング(週間)で上位に入ると獲得できます。獲得できる使用回数は500位以内で1回、100位以内で2回、50位以内で3回です。毛色は「トピアノ柄」、「粕毛」、「白毛斑」、「鹿毛斑」、「月毛」、「河原毛」の中から1種類選べます。

出産前に誕生後の能力を確認する方法はこちら:
【ウイポ9 2021】産まれてくる幼駒の能力確認と牡牝の産み分け

稲妻配合で生まれた競走馬は展開に左右されやすい

稲妻配合は非常に爆発力が高い配合理論ですが、この配合で生まれた競走馬は両親の低い勝負根性を引き継いだ上でさらに勝負根性が低下しています。
勝負根性が極端に低い馬は追い込み脚質になり、レースではゴールするまでに届かなかったり、前の位置で競馬したときに能力を発揮できなくなったりすることが多くなります。

稲妻配合は爆発力が高く、瞬発力も上昇するので、ある程度強い競走馬を手軽に生産するには非常に有効です。しかし、両親の低い勝負根性がさらに強調されてしまうので、オンライン対戦で通用するような最強クラスの競走馬の生産にはあまり向いていない配合理論です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました