【ウイポ9 2021】SP・ST系配合を使いこなす

Winning Post 9 2021

コーエーテクモゲームスから発売されている競馬シミュレーションゲーム、Winning Post 9 2021(ウイニングポスト9 2021)の攻略情報です。

ウイニングポストの系統特性を使った配合理論について紹介します。

SP・ST系配合について

スピード(SP)とスタミナ(ST)の2種類からなる系統特性を組み合わせた配合理論をSP・ST系配合といいます。
SP・ST系配合には父と母が共にSP系のときに成立する「SP昇華配合」、父と母が共にST系のときに成立する「ST昇華配合」、父、母いずれかの3代前までの先祖馬の系統特性が全てSP系で、配合相手の3代前までの先祖馬の系統特性が全てST系のときに成立する「SPST融合配合」の3種類あります。
SP昇華配合とST昇華配合は3段階の Lv. があり、Lv. が上がる毎に爆発力が上昇します。

また、SP・ST系配合は母方の先祖馬にいる繁殖牝馬がいずれかの能力因子を持っていると、成立条件の系統特性でなくても成立することがあります。ただし、因子が特徴因子(気性難、早熟、晩成)の場合は成立しません。

SP昇華配合の成立条件と効果

SP昇華配合は父と母の系統特性が共にSP系のときに成立します。

Lv.1

SP昇華配合 Lv.1 は父、母がともにSP系のときに成立します。母は能力因子を持っていて系統特性がない場合に限り、SP系でなくても成立します。
配合時の爆発力が1上昇します。

SP昇華配合 Lv.1 の成立条件

Lv.2

SP昇華配合 Lv.2 は父、母ともに2代前までの先祖馬がSP系のときに成立します。母母は能力因子をもっていれば、SP系でなくても成立します。
配合時の爆発力が3上昇します。

SP昇華配合 Lv.2 の成立条件

Lv.3

SP昇華配合 Lv.3 は父、母ともに3代前までの先祖馬がSP系のときに成立します。母父母と母母母は能力因子をもっていれば、SP系でなくても成立します。
配合時の爆発力が5上昇します。さらに瞬発力が上昇します。

SP昇華配合 Lv.3 の成立条件

ST昇華配合の成立条件と効果

ST昇華配合は父と母の系統特性が共にST系のときに成立します。

Lv.1

ST昇華配合 Lv.1 は父、母がともにST系のときに成立します。母は能力因子を持っていて系統特性がない場合に限り、ST系でなくても成立します。
配合時の爆発力が1上昇します。さらに柔軟性が上昇します。

ST昇華配合 Lv.1 の成立条件

Lv.2

ST昇華配合 Lv.2 は父、母ともに2代前までの先祖馬がST系のときに成立します。母母は能力因子をもっていれば、ST系でなくても成立します。
配合時の爆発力が2上昇します。さらに、柔軟性とパワーが上昇します。

ST昇華配合 Lv.2 の成立条件

Lv.3

ST昇華配合 Lv.3 は父、母ともに3代前までの先祖馬がST系のときに成立します。母父母と母母母は能力因子をもっていれば、ST系でなくても成立します。
配合時の爆発力が3上昇します。さらに、柔軟性とパワーと勝負根性が上昇します。

ST昇華配合 Lv.3 の成立条件

SPST融合配合の成立条件と効果

SPST融合配合は父、母いずれかの3代前までの先祖馬の系統特性が全てSP系で、配合相手の3代前までの先祖馬の系統特性が全てST系のときに成立します。母父母と母母母は能力因子をもっていれば、成立条件の系統特性でなくても成立します。
配合時の爆発力が5上昇します。さらにパワーが上昇します。

SPST融合配合の成立条件 その1
SPST融合配合の成立条件 その2

SP・ST系配合は系統特性のある新系統を増やすと成立させやすい

SP・ST系配合は系統特性のある系統が多いほど配合を成立させやすくなります。
また、新系統確立時は父と母父のいずれかに系統特性があると、新系統に系統特性が付きやすくなります。
したがって、新系統を確立させる種牡馬を母父が系統特性のある系統から選定すると新系統確立時に系統特性が付きやすくなり、SP・ST系配合が成立しやすい環境に近づけることができます

極端な例では、ST系と系統特性なしの系統を全て滅亡させて年数を進めた場合、新系統確立時は必ずSP系統になり、配合時はSP昇華配合 Lv.3 が必ず成立する環境にすることも可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました